自立支援プロジェクト

このページを印刷する

第2回ネパール支援視察に参加した会員の声


澤井 春己さん

今回の視察では出発前に色々と不安がありましたが、一日毎に消えていきました。
思ったより過酷ではなかった事、それは皆様の目配り、気配りがあったからだと感謝いたします。フォーデイズがどの様な支援をしてきたのか、やはり来て見て分かりました。
現地の皆様の表情がとても明るく、歓迎の気持ちが伝わりました。お母さんたちのやる気、子供たちの嬉しそうな顔、我慢強さなど、私たちが忘れかけている「心」を教えていただいた気がします。「相手の心を動かす」ここに至るまでには、大変なご苦労があったかと思われます。現地の皆さんが自立する日までそう遠くはないですが、いま私に出来る事は、帰って多くの人にこの現状を伝えることと思っています。
小さな輪が大きな輪となり、歴史の1ページに、心の1ページに!!
有意義な1週間で、学びが沢山ありました。


藤本 りつ子さん

ネパールの活動については知っているつもりでしたが、現地に来るまで本当のところは分かっていませんでした。今回参加できたことは、今後の支援の輪を広げていくうえでも、仕事のうえでも本当に良かったと思います。子供たちや村の人々の幸福に関われているとしたら、すごいことだと思います。すべてのことに感謝です! 


村田 明美さん

ネパールの子供たちの目は、日本の子供たちの目と違っていました。同じ純粋でも「生きていく」眼差しに違いがある気がします。ネパール人の平均寿命の低さは、子供のうちに死んでいくことが原因のひとつだそうです。病院、助産婦が少なく、山で仕事中に生まれてしまうとも聞き、私も何かできたらと思いました。日本に帰り、また頑張って仕事をして支援活動できるようにします!


高木 昭代さん

村の子供たち、お母さんたちの嬉しそうな表情が何とも言えず、胸にくるものがありました。ほんのわずかな力でも、遠い村の発展に関わっている…そのことを伝える重大さを感じています。今回サランコット村への旅に参加できましたこと、本当に感謝しております。


小馬 栄子さん

この度は少し迷いながらも、本当に来て良かったです。まずは子供の眼の輝き。今の日本人が無くした大切な物のひとつに出逢いました。私自身もこれまでボランティアと無縁の人生でしたが、この自立支援で微力ながら応援出来ることが嬉しいです。2011年もぜひ参加させていただきたいと思います。


山崎 佳代子さん

サランコット村で音楽と花々でもてなしてくれたときの子供たちや女性の笑顔を見て、なんとも温かい気持ちになりました。彼らにとっては5ヶ年計画の終了した時こそが、本当のスタートだと思います。それまで精一杯、フォーデイズと共に私自身も参加していきたいと思います。


大山 真由美さん

サランコット村に着き、音楽やリズムが聞こえてきて、一人ずつ“レイ”をかけてもらっているうちに心にズーンと響き、村の人々の精一杯の歓迎ぶりに感動し、涙があふれてきました。日本に帰ったら、まず自立支援の意義とは何かを理解してもらい、一人でも多くの支援会員が増えるよう、伝えていきたいと思いました。


石坂 綾子さん

歓迎セレモニーでは、自分たちの作品の前に立ったお母さんたちの、はにかみの中にも誇らしげな笑顔に接し、涙をこらえるのが精一杯でした。この目で見た現地の状況は想像以上でしたが、明るい子供達の笑顔に接し、自分たちを見つめ直さなければならないと強く感じました。


村地 柾子さん

今回ネパールに来て、感動と切なさを実感しました。純なサランコットの子供たちの笑顔に涙が止まりませんでした。私も折り返した歳ですが、これから何ができるのかを仲間と話し合うのが楽しみです。今年70歳を迎え、私はサロンをはじめました。また初心に戻って飛躍したいと思っています!!


三木 香瑠さん

ネパールに来てまず感じたことは、街があまりにも不衛生だということです。「街と田舎の違い?」「国民性の問題?」「教育の不足?」…次々と疑問が浮かびました。私は日本に生まれ育ち、戦後半世紀以上も何不自由なく平和に暮らしております。そしてフォーデイズという企業にご縁をいただき、微力ながら社会貢献に参加できることの素晴らしさと重要さを感じました。日本に帰って人にどう向かい、生きていくかも十分考える必要性があると痛感しました。


中村 久美子さん

以前、サランコット村を訪れた時は正直、この女性たちに一体何が出来るんだろう…と思いました。しかし、わずか6ヶ月の間に大変身した彼女たちを見て、本当に驚き感動しました。また、識字教室で字を学んだ中年女性が「離れて暮らす息子が送ってくる手紙を読めるようになって嬉しい」と話をされた時も大変感動しました。村の女性たちの顔が前回と違い、自信をもっていきいきとしていました。夢と目標をもてることがこんなにも人を変え、人生をも変えるのですね!


松浦 不二雄さん

一生懸命に生きている女性たちや小学生の目の輝きには、本当に救われるようでした。電気、ガス、水などを何不自由なく使う自分たちとのあまりの差に考えさせられた数日でした。フォーデイズの一員として参加できた事は、とても有意義だったと思います。


松浦 百合香さん

四季折々の花が一度に全部咲き揃ったような不思議な国…。日の出とともに変わる山々の色合いや雄大さや荘厳さに、神々の宿る場所なのだと感動しました。サランコット村の環境の厳しさは驚きの連続でしたが、サランコット村の子供たちのキラキラした温かい眼差しや、トレーニングセンターの女性たちの嬉しそうな笑顔に、光を見るような思いでした。あっという間の一週間でしたが、これからの人生においてとても意味のある気付きの旅となりました。


林 伊砂子さん

サランコットからの素晴らしい景色に感動し、そしてお母さん方や子供たちの大歓迎を受け、希望に満ちあふれたキラキラした笑顔に感動しました。これから訓練を積んで生活が豊かになり、心も豊かになり、今よりももっとステキになっているであろうサランコットの皆さんの姿を想像するとワクワクします!


寺原 由紀子さん

お母さんや子供たちに花束や音楽の歓迎を受け、皆さんのキラキラした目にとても感動しました。学校の教育も十分といえない中で、勉学に励むネパールの子供たち。そして恵まれながら、さまざまな問題を抱える日本の子供たち…。いろいろと考えさせられた旅でした。今回の感動をグループの方々にも伝え、次回の旅行には一人でも多くの方が参加できるよう伝えていきたいと思います。

自立支援プロジェクト

  • ワークトレーニング
  • 地域地場産業の確立
  • ボランティアの育成
  • これまでのプロジェクト活動
    • 2013年のプロジェクト活動
    • 2012年のプロジェクト活動
    • 2011年のプロジェクト活動
    • 2010年のプロジェクト活動
    • 2009年のプロジェクト活動
    • 2008年のプロジェクト活動
  • 2013年視察に参加した会員の声
  • 2012年視察に参加した会員の声
  • 視察に参加した会員の声
このページの先頭へ戻る